三段紅葉、白馬マウンテンハーバーのおはなし

長野県のくらしと風景をイラストとともに観察する連載。今回は「白馬マウンテンハーバー」です。

三段紅葉、白馬マウンテンハーバーのおはなし

今回ご紹介するのは、2018年、秋にオープンした話題の施設『ハクバ マウンテンハーバー』です。標高1289メートルにできたスポットで、北アルプスの絶景が一望できる広いテラスです!

 この施設が一年で一番人気があるのが、ちょうど今、紅葉の時期です。ここは、国内でも珍しい"三段紅葉"が見られるスポットとして話題となっています。
 三段紅葉とは、雪で白く化粧をする山頂の景色、色鮮やかな紅葉を見せる中腹の景色、緑の針葉樹の麓の景色、これらが一度に見られる風景のことを言います。国内でも、この三段紅葉を楽しめるスポットは多くありません。この白馬三山は特に、視界に収まりきれないほどの広い範囲で三段紅葉を楽しめます!

 白馬岩岳マウンテンリゾート内にあるこの施設は、岩岳ゴンドラリフト ノアに乗り、約8分。道なりに進むとおしゃれな建物が見えてきます。
マウンテンハーバーには、『The Cty Bakery』というパン屋さんが併設されています。ニューヨーク発の老舗店で、信州には初出店です!メニューは、クロワッサンサンドやマフィン、ドリンクでは、カフェラテや、ホットチョコレート等。ホットチョコレートは、とろけたマシュマロがふんわりと甘く、体の内側から温まります。テラス席からの眺めと一緒に是非楽しんでいただきたい一品です!

三段紅葉、白馬マウンテンハーバーのおはなし


テラスでゆっくりした後は、まわりのトレッキングコースを散策するのもおすすめ。約1時間半のトレッキングコース"ねずこの森"も、ちょうど紅葉の時期。ふわふわの落ち葉の中を歩くのも気持ちがいいです。冬が来る前の澄んだ空気も美味しく、マイナスイオンに溢れています!
 雪のゲレンデだけでなく、夏〜秋にかけてもリゾート感満載の白馬!これからの時期は気温も下がりますので、暖かい格好でお出かけして、大自然を満喫してくださいね^^!

三段紅葉、白馬マウンテンハーバーのおはなし