千畳敷カールのおはなし

長野県のくらしと風景をイラストとともに観察する連載。今回は「千畳敷カール」です。

千畳敷カール

今年は涼しくなるのが早いですね。行楽に良い季節がやってきました!
今回は秋のおでかけオススメスポットを紹介します!

駒ヶ根市、宝剣岳に広がる"千畳敷カール"。

登山家の間では有名ですが、
意外と行ったことがない人も多いのではないでしょうか。
千畳敷カールは、標高が2612m。氷河期の氷が作り出した、お椀型の地形です。
名前の由来は、畳を1000畳ひいたほどの広さがあることから、"千畳敷"と呼ばれるようになりました。
今年の紅葉の時期は、9月中旬〜10月上旬頃との予想です。ナナカマドの赤、ダケカンバの黄色、ハイマツの緑 等 高山植物のカラフルな紅葉が楽しめます。

千畳敷カールは、ロープウェイで登ることができます。アクセスも良く、人気があります。
まず、駒ヶ根インターを降りて、菅の台バスセンターまでは3分程で到着します。
そこからは一般車両の進入は禁止です。こちらでバスに乗り替えます。
バスで30分程山道を進むと、ロープウェイの発着駅、しらび平駅に到着します。しらび平駅で途中下車して、ハイキングを楽しむのもオススメです!
しらび平駅から頂上の千畳敷駅までは、ロープウェイで7分程。ロープウェイを降りると、そこは別世界!そびえ立つ山と広がるカールの景色は圧巻です!


千畳敷カールには遊歩道があり、約40分程で一周できます。道は整備されていて、スニーカーでも歩くことができますが、途中岩場もあるので、登山靴で行くことをオススメします。また、天候も変わりやすく、晴れて日差しが強くても風は冷たいので、上着は必須アイテムです。
わたしが行った日は、平日でしたが登山をする方やハイキングに来た方で賑わっていました。大きなカメラを担いでいる人も!
トップシーズンはロープウェイ待ちの行列ができるので、時間には余裕を持ってお出かけしてくださいね!
登山をしなくても楽しめる場所ですので、ぜひ一度、訪れてみてくださいね^^!

千畳敷カール

今回紹介したスポット

千畳敷カール