コロナ後を見据えて松本の食文化を考える「to go MATSUMOTO」創刊。【藤原印刷・藤原隆充さん】

松本市内のテイクアウト情報を発信するウェブマガジン「to go MATSUMOTO」が公開されました。松本市の藤原印刷株式会社を中心とした有志で作成する『町の人と食について考える』を目的としたWeb上の雑誌です。

テイクアウト情報発信だけにとどまらず、松本の食文化を、みんなで考えていくキッカケにしたいと語る発起人、藤原印刷株式会社の藤原隆充さんに、創刊の経緯、思いを伺いました。

コロナ後を見据えて松本の食文化を考える「to go MATSUMOTO」創刊。【藤原印刷・藤原隆充さん】

店は、松本の資産。

新型コロナウイルス感染拡大のため、飲食店の通常営業が困難に。県内も例外ではない。
そんななか、藤原さんは松本市でもテイクアウトを始めている飲食店があることを、SNSや仕事のつながりで知ることとなる。

「情報を得られたのは、僕がこの仕事をしているからだと思います。
一方でほとんどの人が、どの店がテイクアウトに対応しているのか、情報を得ることがないまま、コロナ禍を過ごしていくのだろうと思いました。」

以前より、藤原さんの知人が運営するサイト『TOGO. YAMANASHI』では、新型コロナウイルスの影響を受けて、山梨県のテイクアウト情報をまとめていた。良い取り組みだと思い、松本市でも同じようなサイトを作るべきだと考えた。

TOGO YAMANASHI

TOGO YAMANASHIより

「コロナ禍が去った後、町の飲食店が潰れてしまい、チェーンしか生き残っていない事態は、松本の文化として非常に残念。

テイクアウト情報を、松本の皆さんに広く知ってもらって、テイクアウトを当たり前に食事の選択肢のひとつに入れてもらえる仕掛けを作りたいと思いました。」

今回の件で飲食店がなくなってしまったら、松本市に来る人も減ってしまうかもしれない、と藤原さんは懸念する。松本市の観光客は、お店を目当てとすることも少なくないからだ。

「だってもったいないですよね、松本っていい飲食店が多いじゃないですか。ひとつひとつが特徴を持っていて、店主さんにも哲学がある。ここまで頑張ってきて、県内県外のファンもたくさんいるのに。生き残れない未来がもし来たとしたら、それは寂しい。お店は松本の資産です。」

『町の人と食について考える』を、誌面から訴える

to go MATSUMOTO

to go MATSUMOTOより

このウェブマガジンは、ただの情報サイトではなく『町の人と食について考える』をコンセプトとしている。

「前提として、コロナ禍は長く続くと考えています。その後、店の再開時にも、少なからず本当に再開して大丈夫なのか、と心配の種に悩まされる飲食店が多いと思うのです。
そうすると “短距離で今だけテイクアウトで頑張ろう“ ではなく、 ”コロナ禍が去った後も含めて、この町でどのような食文化を築いていきたいか、飲食店と町の人がどう繋がっていくべきか“  飲食店と町の人が、相互に交流して考えていく必要があると思いました。」

強くコンセプトを打ち出すため、WEB上の雑誌であるウェブマガジン形式で展開することを決める。印刷会社として、雑誌への期待があるからだ。

to go  MATSUMOTO

to go MATSUMOTOより。

「雑誌には哲学がある。その名前を出すだけで、どんな雑誌かイメージがわきます。自由に特集が組めるし、メッセージ性も強い。

『to go MATSUMOTO』では、誌面を利用して色々な角度から訴えていきたいと思っています。」

コロナ禍が去った後に、築かれているもの

現在、松本の飲食店と町の人を巻き込む企画が動いている。

「自粛ではなく今できることをやっていきます。ひとつのお店の動きよりも、まとまった大きな動きにして、町に刺激を提供していきたい。期間限定メニューや、フェアなどの企画を何本か走らせるつもりです。現在、八幡屋磯五郎さんとの企画が動いています。」

誌面には、飲食店の “応援者” がおススメを掲載。 “応援者” は読者の代表だ。飲食店と町の人の交流を作り出していく。

飲食店の “応援者”

飲食店の “応援者”

to go MATSUMOTOより。

一方で、飲食店のレシピ、プロの家庭料理へのちょい足しレシピなども公開していく予定だ。

家庭の中に着目してみると、お母さんは毎日、家族のために料理をする状況。子どもやお父さんと、一緒に食べられるのはありがたいけれど、献立を考えて料理をしている大変さにも、藤原さんは目を向けている。

「子どもやお父さんを、料理に巻き込むコンテンツも作りたい。『みんなで料理をする』文化が、家庭の楽しみになっていくのもアリです。」

プロのレシピを試してみて美味しいと思えば、飲食店に行ってみようと思うかもしれない。

「直接的な売り上げではないが、飲食店の人たちが今できることをして、媒体を通じて関係が生まれれば、全く知らなかった飲食店でも『行ってみよう』という流れができると思います。長い目で、次につながる関係を作っていきたいです。」

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

TOGO.MATSUMOTO(@togo.matsumoto)がシェアした投稿 -

『to go MATSUMOTO』では、Instagramも運用している。Instagramからは、町の人だけではなく、飲食店の人が他の飲食店のテイクアウトを利用した話も飛び込んでくるそうだ。

「とっても良い話だと思います。自分が苦しい時でも、自分だけが生き残るのではなくて、みんなで助け合って生き残っていこうということ。

コロナ禍が去った後、ここでまとまって、みんなで乗り越えるためのプロジェクトをやっていた事実は、確実に残ります。

飲食店の哲学や思想、魅力を維持しながら、新しい文化や交流、信頼などが築かれていること。それが目指すべき、コロナ禍が去った後の状態だと思います。」

助けてくれた友人が困っている。

最後に、なぜ藤原さんがここまで飲食店への思いが強いのか、伺ってみた。

「東京から松本に引っ越してきたばかりの時に、助けてもらったんです。
その思い出はとても大きい。友達がいなくてめちゃくちゃ寂しくて、週末には漫画を買い込んで家に引きこもってばかりでした。
ふらっとお店に1人で行った時、松本のお店の人は『それじゃあ藤原くん、今度ご飯食べようよ』と声をかけてくれて。東京にいた時は、お店の人に声をかけられることなんてなかったので、驚きました。その後、楽しく食事をさせてもらって、そのまま友人になっていく。
そんな人たちがたくさんいて、今は単純に、友人が目の前で困っている状況。何かできることはないかと思って動きました。」

飲食店のファンであり、友人である藤原さんを発起人として走り始めた、次の松本の食文化構想。皆さんも参加してみてはいかがだろうか。

取材協力

藤原印刷株式会社

to go MATSUMOTO

to go MATSUMOTO Instagram