ビールが苦手という方にこそオススメしたい!松本ブルワリータップルーム中町店

女性がひとりでも安心して松本のBar文化を楽しめるように素敵なお店と美味しいお酒、食べ物を紹介しているこの連載。 今回は「松本ブルワリータップルーム中町店」さんです!

松本ブルワリータップルーム中町店

午後13時。中町の表通りから少し入ると小さなスペースの店舗を発見。

可愛らしい、白い外壁の重厚なドアを恐る恐るあけると・・・

カウンターのみ、ちょっと狭めのオシャレな立ち飲みスペースがそこにあります。既に男性客がひとり。女性スタッフ2人と談笑していました。

うん!雰囲気抜群!!直感で絶対良いお店だと感じ取った私。早速、スタッフの本郷綾子さんにお話を伺いました。

モットーはWe need more Beer Now!!

もっとビールを!この看板の先に

モットーはWe need more Beer Now!!

白い外壁のオシャレな外観。女性も入りやすそう。

好きなスタイルさえ見つかればビールが苦手でも大丈夫!

店内のカウンター、一番奥を陣取った私。お酒が好きだと言いながら、実はビール独特の苦みが得意ではなく、どちらかというと苦手な部類のお酒なのです。

その事を本郷さんにお伝えすると、「大丈夫です!好きなスタイルのビールが見つかれば楽しく飲めます」との回答が。

それもそのはず。松本ブルワリータップルーム中町店では10種もの豊富なビールが楽しめます。定番ものだけでも5種類。ボトルビールが7種類から8種類。その他に季節限定品があり、ビールが苦手な方も絶対に「イケる!」という自分好みのスタイルがみつかるのです。

今回は「グレープフルーツのようなフルーティーな香りで飲みやすいですよ。」と教えて頂いた、オーサムペールエールを頂くことに。

フルーティー・・・その言葉に偽りなし。ビールのイメージをサクッと覆してくれたこのビール。フルーツのフレーバーのビールは特に女性には飲みやすくておススメです。

また、季節によってはりんごやブドウを使ったフルーツエールも登場します。

モットーはWe need more Beer Now!!

プレゼントにも。ボトルも可愛いビールたち。

モットーはWe need more Beer Now!!

今回頂いたオーサムペールエール。とってもフルーティー!

モットーはWe need more Beer Now!!

笑顔で「おススメなんです」と出して頂いた、変わり種なおつまみ。今回は備長炭カシューナッツをセレクト。松本ブルワリー本町店では平日、黒ビールで煮込んだカレーが食べられるそう。中町店から本町店へのハシゴも良いかも。

松本産ビールへのこだわり「ないなら造ろう」

松本ブルワリーの経営陣の皆さんは各々、別の仕事を持っているそうです。2014年に松本城公園でビアフェスが行われた際、松本産のビールがないことを残念に思い、「ないならば私たちが造ろう」と、それぞれの仕事を持ちながらも会社を立上げたのが始まり。「まだまだ全国への出荷量が多いわけではない。松本に来て頂いた際に松本ブルワリーのビールを是非、楽しんでほしいと思っています。」と、語る本郷さん。
地域に根差した松本のクラフトビールがある幸せ。こだわりの味がある幸せを松本ブルワリータップルーム中町店でしっかりと感じ取ることができます。

モットーはWe need more Beer Now!!

昼間13時からの営業ということもあり、入店しやすいのか、私が店内にいた時間帯には女性客が多く訪れていました。本郷さんをはじめ、店舗のスタッフの方々も女性。和気あいあいとお喋りできる、明るい雰囲気は魅力的です。

また、地物のお酒を飲む文化がある欧米系の外国人観光客にも大人気。インバウンド向けのWEB媒体の取材も受けるとのこと。

「観光中にBreweryと書かれた看板を見て、お店に来てくれる外国人の方も多いです。とにかく皆さんビールが好き」滞在中、毎日通ってくれる人もいるそうです。

程よいスペースの店内は、立ち飲みというスタイルも手伝って、お客様同士の距離感も近くなりやすく、フレンドリーな空気の中で過ごすことが出来ます。

ビールっていう飲み物自体、ひとりで飲むよりは、みんなで楽しく飲むものだから」そう説明してくれた本郷さんも常に笑顔の絶えない方でした。

モットーはWe need more Beer Now!!

お店の「合言葉」がプリントされたTシャツ。このTシャツを着たまま、他のお店へと飲みに出るお客さんもいらっしゃるとか。

モットーはWe need more Beer Now!!

お洒落なグッズが沢山。こちらはキーホルダー。パーカーなどもある。

モットーはWe need more Beer Now!!

1階はカウンターのみ。他のお客さんとの親近感が高まりそう

モットーはWe need more Beer Now!!

1階とは異なる雰囲気の2階席。読書をしながら過ごすなどゆったりと楽しめる。

人が集い寄り添える、ホッとできる場になりたい。松本産のビールを造りたいという強い気持ちから始まった、松本ブルワリー。

最後にこんな質問をしてみました。

「この街でどんな存在のお店でありたいですか?」

すると、ハキハキとした口調で本郷さんは答えてくれました。

「地元の人たちが、すごく松本ブルワリーを応援してくれるのを感じています。そんな人たちが、ホッと一息つける場所でありたい。もちろん、観光で来てくれるお客様にも同じように感じてもらえたらうれしいです。」

この街でどんな存在のお店でありたいですか。

店舗の入り口にある看板。自分スタイルのビールが見つかる場所。

スポット紹介

この記事で紹介したスポット情報をお伝えします。

松本ブルワリータップルーム中町店

【住所】 〒390‐0811 松本市中央3丁目4-21-イ
【電話】 0263-31-0081
【営業時間】 13:00~19:00
【定休日】 火曜日
【サイト情報】 Webサイト