登山者やキャンパーに人気! 道の駅『アルプス安曇野 ほりがねの里』をご紹介!

長野県のくらしと風景をイラストとともに観察する連載。今回は「アルプス安曇野 ほりがねの里」です。

アルプス安曇野 ほりがねの里

登山者やキャンパーに人気! 道の駅『アルプス安曇野 ほりがねの里』をご紹介します。

『アルプス安曇野 ほりがねの里』は、306号線沿い、安曇野市の堀金にある道の駅です。 道の駅としては規模も大きく、駐車場も広いのでキャンピングカーも多く見られます。

店内には、安曇野の特産品がずらり! 農家さんの新鮮なお野菜や、お米、ドレッシングやジャム、お漬け物等もあり、 お土産選びには困りません。

この道の駅のおすすめポイントは、併設されている食堂"かあさんのおむすびの店"!安曇野で養殖されているブランドサーモンの"信州サーモン丼"や、常念の山のように天ぷらが山盛りの"常念天丼"、"日替わり定食"等メニューが豊富で迷ってしまいます。 中でもイチオシなのは、"おにぎり定食"!

アルプス安曇野 ほりがねの里

お米の味が、ぜんぜん違います!ひとつぶひとつぶの食感が良く甘みがあり、安曇野地区の美味しいお水を感じます。 安曇野の豊かな自然が、ぎゅーっと詰まった地元おかあさんの手作りおにぎり。ぜひ一度食べてほしい一品です。

食堂の営業時間は、11時から14時半まで。 店内の売店でも、このおにぎりや、こおわ、おはぎなど、 オープンと同時に地元のおかあさん達の作りたてお惣菜が次々と店内に並びます。 その他、生鮮食品や野菜は、直売なのでどれも鮮度がよく、値段も非常に安いです。 春頃には安曇野名産のわさび菜や、わさびの花も並びます。

夏になり観光でも人気の高い安曇野。この道の駅は安曇野市街地からかなり近いため、アクセスも良好。みなさんも是非一度、足を運んでみてはいかがでしょうか^^